SCROLL
夏におすすめのお布団
2023.06.08
コラム

夏は何をかけて寝ますか?

暑いからといって何もかけないと、汗を吸収できなかったり、エアコンの風でカラダが冷えすぎたりする可能性もあるので、気をつけたいですね。

そこで今回は、夏におすすめしたい掛け布団をご紹介します。

私が夏布団を選ぶ時のポイント

・お手入れしやすい(洗える)か?
汚れが気になるときにすぐに洗えるよう、夏布団は自宅で洗濯できるかをチェックします。
暑い季節は、いつも以上に多く汗をかきます。皮脂が付着して布団が汚れやすくなります。
汚れた状態で使い続けると、不快な臭いの原因にもなるため、定期的に布団を洗濯することが大切です。


・肌触りはどうか?

夏は薄着で眠る機会が多くなるため、直接お肌に触れる部分が多くなります。
快適に眠るためには、素材が好みの肌触りかどうか、こだわりたいポイントです。


・吸湿性や発散性はどうか?

夏は汗をかきやすいため、水分の吸湿・発散性が高いかどうかもチェックポイントです。
一般的に夏向きの素材といわれているのが、シャリ感がある麻や、清涼感がある綿素材です。

 

おすすめ夏布団(120×160cm)

<サラッとした清涼感をキープ しぼ織のクレスポ>

表面に「しぼ」(凹凸)ができるように織り上げた生地を使用。形状保持性に優れた「しぼ」は、その形状から肌との接触面が少なくべとつき感もありません。通気性があり爽やかな清涼感が味わえます♪洗濯機で丸洗いできるのもポイント。

クレスポはこちら

 

<ふわっとソフトな肌触りスフレガーゼ>

生地には、職人が伝統的な手法で極力化学薬品を使わずに、手間をかけて作る「スフレガーゼ(和晒二重ガーゼ)」を使用しています。生地本来のボリューム感が損なわれずふわっとソフトな肌触りに仕上がっています♪洗濯機で丸洗いできるのもポイント。

スフレガーゼはこちら

洛中髙岡屋 本社・ショップ&ショールーム

洛中髙岡屋 本社・ショップ&ギャラリー

Office
Shop
Gallery
  • Tel / Fax

    075-341-2251 / 075-341-2255

  • Location

    〒600-8331
    京都市下京区五条通油小路東入ル金東横町242

  • E-mail

    head-office@takaoka-kyoto.jp

  • Hours

    AM 9:30 - PM 5:30
    <定休日>日曜日・祝祭日 <不定休>土曜日

    2024. 6
    SunMonTueWedThuFriSat
    26
    27
    28
    29
    30
    31
    1
    2
    3
    4
    5
    6
    7
    8
    9
    10
    11
    12
    13
    14
    15
    16
    17
    18
    19
    20
    21
    22
    23
    24
    25
    26
    27
    28
    29
    30
    1
    2
    3
    4
    5
    6

    Closed